HOMEスタッフブログスタッフブログ>「しょうぎたいそう」の振付けをさせていただきました

「しょうぎたいそう」の振付けをさせていただきました



「しょうぎたいそう」
製作:公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)

作詞:島井咲緒里 女流棋士二段
作曲:池田眞也  映画監督
歌 :嘉悦恵都  役者・歌手・タレント
振付:今道久惠  ブレインジムインストラクター

公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)さまから、『将棋に親しむ子どもたちが自然に楽しく「駒の動き」や「将棋の戦法」を学ぶことができるように、ブレインジムのエクササイズを中心として振付けをしてほしい』とのご依頼を頂戴し、お引受けした将棋とブレインジムのコラボレーション体操です。

女流棋士の島井咲緒里さん作詞、映画監督の池田眞也さん作曲の「しょうぎたいそう」のデモテープを頂戴した時のワクワク感は、初めて将棋にふれる子どもたちのそれにも似ていると感じ、集中力や注意力、礼儀なども一緒に身につけてもらいたいという将棋協会さまのご要望を反映させ、一気に振付けが出来上がりました。

その後、オーディションにて歌のお姉さんとして、タレントで女優の嘉悦恵都さんをお迎えし、将棋前や対局中の緊張緩和や脳の活性化を目的として、ブレインジムをベースに、駒の動きを模倣した初心者にも簡単に取り組むことのできる動きをお伝えし、池田監督による動画撮影がなされました。

身体に馴染む心地よいテンポと賑やかな合いの手の盛り込まれた曲で、就学前の5~6歳の子どもたちが新しいことにチャレンジする、または学習をする際の心身と脳の準備として活用してもらえる汎用性のある運動だと感じています。勿論、真剣勝負の続くプロ棋士のみなさんにも活用していただき、対局の一助としていただければと思っています。

「しょうぎたいそう」の動画公開につづき、11/23(祝)開催の「アパガード杯・第3回将棋キッズ団体戦」の会場にて、歌手の嘉悦恵都(かえつ・けいと)さんがお披露目をしてくださいますので、ぜひ会場へご家族お揃いで足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ジニアスラブでは、年末に開催する【ブレインジムフェスティバル2015】にて、振付を担当した今道久惠より、発育や発達の観点から将棋体操の動きの解説をさせていただきます。今後様々な乳幼児教育の現場で、ブレインジムとのコラボレーション企画が始まることを楽しみにしています。

イベントの取材及び振付けのご依頼は、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

ページTOP