専門職向けBBAs1日講座開講のお知らせ

有限会社Genius Love

045-530-7115

〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町 543-4

営業時間 9:00~18:00 定休日 不定休

専門職向けBBAs1日講座開講のお知らせ

講座日程

2019/05/11 専門職向けBBAs1日講座開講のお知らせ

 

専門職向けビルディング・ブロック・アクティビティ(BBAs)開催のお知らせ

 

大変お待たせいたしました。6月30日(日)に専門職向けBBAs1日講座を開講する

運びとなりました。特別支援を必要とする子どもたちへの運動を用いた支援について

発達段階にそった動きの提案を行います。協調運動や眼球運動を遊びの中から提案を

行うため、実践しやすく自宅や学校でも継続しやすいことが特徴です。

 

 

-BBAsの魅力について-

 

アメリカにて特別支援教諭であった、セシリアケスター女史(Med.)により創始された

教育プログラムで、発達段階にそった動きの提案により、本人が動くのパターンに気づく

ことで、生活リズムを獲得することを助けます。

 

BBAsでは、受動的な動きや運動を用いながら、身体をスムーズに動かし、

動きのパターンを獲得することを目的としています。短時間で実施でき、

侵襲性も低いプログラムであるため、成功体験をつむことで自信が育まれる

ことも重要な観点です。

 

加えて生活環境や年齢に関係なくいつでも実施できる軽運動であるため、

支援者にとっても心穏やかに、身体への負担も少なく療育的支援ができます。

 

-発達障碍児の困難さ-

 

発達や学習に困難を抱える子どもたちの中には、協調運動や眼球運動、

微細運動に困難さが見られることがよくあります。衝動性のコントロールや

集中力の欠如による不注意、コミュニケーションの特性から、失敗を重ねる

ことで自己肯定感が低下し、不安や緊張が強くなるといった二次障害が

出現することもあります。

 

加えて、スキップや片足立ちなど協調運動のぎこちなさや、ダンスなど

身体表現能力の困難さも加わり、他者からの視線が気になることで学習

意欲の低下がおこり、社会参加への意欲が減退してしまうこともあるのです。

 

-発達障碍への対応と課題-

 

その多くが薬物療法ですが、変化の見られないケースや保護者が服薬に抵抗を

しめすこともあります。そこで、行動療法や心理教育などの療育的支援が実施

されていますが、長い時間をともに過ごす教師や保護者の心身への負担が大きく

葛藤がおきていることが課題です。

 

 

-BBAsの恩恵を受けることができる対象者-

 

短時間で心身への負担も少なく実施できるため、四肢麻痺や発達障碍の

診断を受けている子どもたちにも活用可能です。これまでの3年間で活用

した事例としては、


・未熟児/低体重/帝王切開などの出産時のトラブル
・ダウン症などの遺伝子疾患
・ADHD/ASD/LDなどの発達障碍
・脳性麻痺などを含めた四肢麻痺
・認知症などを含めた知的障碍

 

などで、本人の希望する強度や時間で運動提供しながら、

「感覚刺激→衝動性の抑制→コミュケーション能力の向上」へと支援します。
しかし、
医療行為および診断はいたしませんし、運動提案は、処方箋ではない

ことをご理解ください。

 

 

 

-今道久惠からの療育提案-

 

今回のBBAs講座の講師をつとめさせて頂く、今道久惠でございます。

多くの医師や臨床心理士、理学療法士などのコメディカルとの連携により

13年にわたり臨床をつんで参りました。

 

乳児院や児童養護施設などの福祉施設に於ける、まだ言葉を獲得していない

バーストラウマを抱える子どもたちへのアプローチは、教育相談を行う際の

財産となり、コンサルティングの基盤となっています。

 

加えて、公立小中学校や教育委員会からの依頼で継続してきた特別支援教育や

普通級での授業におけるブレインジムの活用などは、情動を表出するのが苦手

な子どもたちの行動特性を姿勢観察から行うという、観察眼を私に授けてくれた

貴重な時間であったと感じています。

 

自分の身体が思うように動かず、ダンスや水泳、球技などの運動に苦手意識

をもっている子どもたち、運動が嫌いで自己肯定感が低い子どもたちにも

多く出逢ってきました。

 

支援を必要とする人のためのブレインジムとよばれる「BG170」とその中で

活用される「BBAsエクササイズ」は、衝動性や情動のコントロールが上手く

できない子どもたちに活用しやすい心身に優しい運動療法といえます。

 

家庭や教育現場においても活用しやすいため、支援の輪が家庭にも広がり

保護者を支援者の一人として取り込むことができることも魅力となっています。

 

身体を動かすことで得られた気づきは一生の宝物となります。補助なしの

自転車に乗れた記憶は、身体に深く動きの土台として刻まれています。

大人になってからも、自転車が自由に乗れるように、療育的支援は

出来るだけ早期に、発達段階にそった運動を繰り返し行うことが重要で

あると私は考えています。

 

系統立てて学習できるようにテキストが構成されていることも、本講座の

魅力で、学びやすく療育支援者・医療従事者に適した内容のワークショップ

であると言えます。

 

今回は、聴覚過敏への対応、視覚の活性化を促すアプローチもなども併せて

紹介させて頂きます。ロールプレイを交えて遊びの提案や気分転換の方法なども

随所に織り交ぜ受講後に実践しやすい構成で進行する1日講座へ、どうぞ

足をお運びください。

 

 

 

 

 

-講座日程詳細-

日 時:6月30日(日) 9時~18時

会 場:有限会社ジニアスラブ 横浜東戸塚サロン

受講料25,800円(税込) 再受講料16,200円(税込)

    講座テキスト・オリジナル資料・協会登録費含む

持ち物:ミネラルウォーター、色鉛筆(赤・青・黄色)、お持ちであればヨガマット

講 師:BBAsインストラクター 今道久惠  

※動きやすい服装でご参加ください。(ミニスカートでのご参加はご遠慮ください。)

 

 

■■―――――――――――――――――――■■
電話番号 045-530-7115
住所 〒240-0033
神奈川県横浜市保土ケ谷区境木本町67-2-A401
営業時間 9:00~18:00 定休日 月曜日
■■―――――――――――――――――――■■

TOP